電池とは関係しませんが、色々な世の中の状況を聞くにつれ‥‥‥
何か違和感を感じることが多々あり、‥‥‥
ここで、つぶやかせて頂きます。 
あくまで、個人的なイメージでもあり、私見でもありますので、
軽くお聞き流し下さい!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022.09.03 CN(カーボンニュートラル)の達成のための電気自動車の普及拡大とIEC車の撤廃という時流・・・
信じて邁進すること・・・ほんとに大丈夫なのかな?

(1)CNの妥当性に関する疑問

そもそもの発端は・・・地球温暖化の脅威というものがあり、その主たる原因がCO2を代表とする温室効果ガスであり、その温室効果ガスを排出する”悪者”の代表が自動車やトラックなどの”移動体” ということ・・・らしいのですが・・・・・

まず、地球温暖化は、気候学、気象学、大気物理、海洋力学など地球物理学の領域なので、非専門家の我々が語れる事象ではないことは分かっています。
しかし、愚直に・・・よく考えてみたら・・・、素人ながら・・・数多くの???があります。

代表的な”???”を挙げてみると・・・・・・
・このまま放っておくと・・・、本当に地球温暖化は起こるのでしょうか?
・地球温暖化(平均気温が1.5℃上昇)すると、どんな脅威があるのでしょうか?
・その脅威を排除するためには、「気温が1.5℃高い世界で暮らす術を見つける」、または「地球温暖化を阻止する」が選択できますが・・・何故、今・・・後者を優先するのでしょうか?
・地球温暖化の原因として、温室効果ガスが主犯のように言われていますが、その他の要因・・・例えば、地殻内の熱収支の変化、太陽活動の変化・・・などもあるのでは?
・温室効果ガスが主要因と仮定して・・・・何故CO2だけに注目して、CNがあたかも人類の使命みたいになっているのでしょうか? 総排出量の割合が大きいことだけが理由でしょうか?

人為起源の温室効果ガスの総排出量に占めるガスの種類別の割合(出所 気象庁)


・また、「地球温暖化対策の推進に関する法律」で定められている温室効果ガスは、
1.二酸化炭素 2.メタン 3.一酸化二窒素 4.ハイドロフルオロカーボンのうち政令で定めるもの 5.パーフルオロカーボンのうち政令で定めるもの 6.六ふっ化硫黄 7.三ふっ化窒素
の七つだそうです。

❊地球温暖化係数とは、温室効果ガスそれぞれの温室効果の程度を示す値です。
ガスそれぞれの 寿命の長さが異なることから、温室効果を見積もる期間の長さによってこの係数は変化します。
ここでの数値は、京都議定書第二約束期間における値になります

総排出量と地球温暖化係数を掛け合わせ・・考えると、その他のCH4やN2Oなどの温室効果ガスの方がヤバい・・・と感じるのですが・・・

このあたりを、誰か・・・納得のいくように教えてくれたら、嬉しいのですが・・・