カーボンニュートラルの実現に向けた社会的要望に沿って・・・HEV、PHEV、EVなどの電動車両(xEV)の市場投入が望まれています・・・政策の後押しもあって・・・xEV市場は急成長していくことは間違いありません
蓋然性の高い知見は持っておりませんが・・ここでは・・世間に出回ってる色々な情報を取りまとめて、大体こんなところかな・・・といった漠然とした市場動向をお話しします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

///////////////////////////////////////////////////////////////

◆xEVの種類と特徴

■ 電動車両xEVの種類

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ HEVの種類とレンジエクステンダーEV

—————————————————

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆xEVの市場規模について

■総自動車生産・販売規模(エンジン車、電動車を含めた総自動車生産・販売規模)

ここ数年は・・・世界の総自動車販売台数、生産台数ともにほぼ横ばい状態
・国際自動車工業連合会(OICA) によると、2019 年の世界の自動車販売台数(新車登録・販売台数)は 4.5%減の 9,136 万台、自動車生産台数は 5.2%減の 9,179 万台となった。2018 年は横ばい(販売台数 0.3%減、生産台数 0.1%増)であり、金融危機の影響を受けた 2009 年以来の落ち込みとなった


 Jetro報告書参照:https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/f2067f867d465ba0/20200011.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・更に、2020年は、コロナの影響で2019年比でマイナス成長(14~20%減)となってしまった。自動車生産の停止と販売急減の両方に見舞われており、自動車需要がいつ正常に戻るのかに議論が集中しています
・2016年に初めて生産台数が9000万台を超えたので・・・あまり市場規模は成長していない・・・ことになる

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

世界販売台数ランキング概要
・2020年、TOYOTAが5年ぶりにVWを抜き・・・世界販売台数ランキング1位に
  1位 トヨタ自動車(日本)952万8,438台
  2位 フォルクスワーゲン(ドイツ)930万5,400台
  3位 日産・ルノー・三菱グループ(日本・フランス)779万8,919台
・2019年販売台数上位の自動車メーカー
  1位 フォルクスワーゲン(ドイツ)1,097万台
  2位 トヨタ自動車(日本)1,074万台
  3位 ルノー・日産・三菱連合(日本・フランス)1,015万台
  4位 ゼネラルモーターズ(アメリカ)771万台、5位 現代自動車グループ(韓国)719万台
  6位 上海汽車(中国)623万台、7位 フォード・モーター(アメリカ)538万台
  8位 本田技研工業(日本)517万台、9位 FCA(イタリア)441万台
  10位 PSA(フランス)347万台

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

★電動車-プラグイン車(EV、PHEV)の販売台数はプラス成長
2020年(1月~12月)のプラグイン車(EV、PHEV)は・・・
世界全体で312万4793台販売された。
前年比は41.4%増となりました。

/////////////////////////

■プラグイン車(EV・PHEV)の販売台数ランキング(2020)

順位メーカー名拠点国販売台数
1テスラアメリカ352792
2フォルクスワーゲンドイツ138290
3比亜迪自動車販売(BYD)中国126243
4BMWドイツ116963
5メルセデス・ベンツドイツ89624
6上汽通用五菱汽車(SGMW)中国85692
7ルノーフランス83101
8ボルボスウェーデン80159
9アウディドイツ79430
10現代韓国72969
11起亜韓国69121
12上海汽車集団(SAIC)中国67426
13プジョーフランス51495
14日産日本47110
15広州汽車集団(GAC)中国46987
16トヨタ日本38200
17ポルシェドイツ33185
18長城汽車(GW)中国32989
19上海蔚来汽車(NIO)中国31553
20フォードアメリカ31188
出典:US Media:EV Sales

/////////////////////////////////////////////////

EV事業への新規参入を狙う企業

IT企業:Apple、百度、滴滴出行、アリババ集団、ソニー、小米
異業種:出光興産、ヤマダ電機、佐川急便

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

///////////////////////////////////////////////

/////////

◆ 電動車の市場成長予測

大変よく知られているパワートレイン別の・・・世界の車種別販売台数の予測図にIEA推定がある。これによると、2016実績で9000万台の自動車が販売され・・・2020年時点で、総販売台数が1億台を超え・・・2030年時点で
1億3000万台になる・・・ということになっていたが・・・・。

////////////////////////////////

その他にも・・・世界乗用車販売に占めるパワートレイン別構成比予測がいくつかある・・・

 世界乗用車販売に占める各パワートレインの構成比予測
出典:LMC Automotive Ltd

出典:大和証券

いずれにしても予測なので・・・数値的には・・・ばらつき・・があるが、少なくとも電動車市場の成長は間違いない

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////

◆EV市場は中国、欧州、北米に集中している

出典:JETRO

2020年を例にとると・・・中国:約130万台、欧州:約110万台、北米:約53万台の販売台数
中国が・・・多少減衰傾向にあるのは・・・補助金の終了の影響?
日本は・・・その他に含まれ・・・EVの普及が遅れている感は否めない

//////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//////////////////

◆ これらいくつかの予測の中で・・・10年後/2030年の世界販売状況を想像してみた

近年の市場の成長スピードの延長線上で推移すると想定すると、2030年のxEV販売台数は、2000万台強(下図)・・・あたり・・・と思われる・・・
ただし、世界各国の環境政策が爆発的に競合して市場全体を押し上げた場合、xEV市場は・・・市場成長スピードから割り出した生産台数の・・・最大2.5倍の5000万台くらいになるかもしれない
10年後・・・2030年には・・・現在の3倍以上のxEV販売台数となる見込み・・で、
パワートレイン別では、HEVが60%くらい、PHEVが10%くらい、EVが30%くらいの割合になる6と思われる。この時・・・エンジン車は・・・6000万くらいかな?

///////////

///////////////////////////////////

■ その他いろいろな機関の予測
 

多くが・・・バッテリー稼働の電気自動車(EV、PHEVを含む)の販売台数予測を上方修正

・石油輸出国機構(OPEC):2040年のEV保有台数を2億6600万台と予想。昨年予想の4600万台から大きく
               上方修正
米エクソンモービル:世界のEV保有台数について、2040年に1億台と予測
英BP:2015年の世界の自動車保有台数9億台が2035年には18億台に倍増すると予想。特に途上国の
     保有台数が4億台から12億台に大きく増加。その中でEVは2035年までに1億台に達するとの
     予想をし、その時点のEV1億台のうち、PHEVが1/4、EVが3/4を占めると予測している
ノルウェーのスタットオイル:2030年にEVが自動車販売台数の30%を占めると予測
テスラのイーロン・マスクCEO:10年後に米自動車生産の50%以上はEVになると強気な予測を述べている
金融のモルガン・スタンレー:標準的ケースでも2040年に販売台数でEVが内燃機関自動車を逆転すると予測
               2050年には10億台のEVが保有されるとしている

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このポジティブな予測の背景
 ・中国、欧州諸国などでのEV購入への支援策
 ・将来の内燃機関自動車の販売禁止政策の導入表明
 ・EV用電池製造能力の向上によるコスト引き下げ効果への期待

//////////////////////

パンデミックの影響
コロナ禍でも・・・xEV、特にプラグイン車の販売台数は大きなプラス成長を継続

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

いずれにしても・・・相当大きな成長率でxEV市場は成長して行くことは間違いない
特に、カーボンニュートラル化のバックアップもあり、昨今のEVの急成長は顕著となってきている
要するに美味しい市場ということで・・・業界内外から・・Playerが集まってきている

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////